税理士について知りたい事があったら『税理士のお勉強』

税理士のお勉強
税理士は信頼できる身近なパートナー 税理士に関する情報サイト 税理士に関するリンク集
税理士に関する情報サイト税理士って??税理士の業務内容資格の活かし方税理士試験について事務所の選び方税理士講座税理士と公認会計士の違い税理士に関するリンク集 税理士のお勉強
『税理士のお勉強』はリンクフリーです。もし良ろしければたくさん紹介してください!もちろん、リンクの許可等は必要ありません。バナーはご自由にお使い下さい。

税理士と公認会計士の違い

まず公認会計士の顧客対象は大手企業なのに対して、税理士は中小企業を対象としている点が異なります。公認会計士の業務は、主に法人企業の財務書類の監査と証明であり、資本金5億円以上の企業を対象とする法定監査や、企業が金融筋や税務署に提出する税務諸表の信頼度を高めるために受ける任意監査などを行っています。日本の企業の98%が中小企業と呼ばれており、資本金5億円以上の企業はほとんどありません。地方に行けばなおさらその傾向は強くなります。公認会計士の資格を持つものは登録をすれば、税理士として活動することができるため、ほとんどの公認会計士は税理士の登録もしています。したがって、税理士事務所と公認会計士事務所では行っている業務にあまり差は無いというのが実際のところです。

業務の違い


 

業務内容

対象となる顧客

税理士

<独占業務>
・税務代理
・税務書類の作成
・税務相談
<その他の業務>
・コンサルティング
・会計業務
など

・中小企業の税務が中心
(中小企業は、日本で250万社程度あります。)
・個人

公認会計士

<独占業務>
・財務処理の監査・証明
<その他の業務>
・会計・税務
・コンサルティング
・株式公開支援
など

・大企業(資本金5億円以上)が中心
(大企業は、日本で1万社程度あります。)


試験制度の違い


 

税理士試験

公認会計士試験(新試験制度対応)

受験資格

受験資格についてを参照

なし

試験形態

会計科目である簿記論・財務諸表論の2科目と、税法科目(簿記論・財務諸表論・法人税法・所得税法・相続税法・消費税法・酒税法・固定資産税・住民税・事業税・国税徴収法)のうちから法人税法or所得税法のいずれかを含む3科目を選択し、合計5科目を受験。
なお、各科目は、一度合格すれば、その合格は一生有効。

まず、5月下旬・6月上旬にある短答式試験(財務会計論(簿記論・財務諸表論)・管理会計論・監査論・企業法)を受験。
短答式試験に合格後に、論文式試験(会計学(財務会計論・管理会計論)・監査論・企業法・租税法の4科目と、経営学・経済学・民法・統計学の中より1科目を選択し、合計5科目)を受験。
なお、短答式試験の科目合格はありませんが、短答式試験に一度合格するとその後2年間は免除が適用されます。論文式試験は、総得点で合格点に達しない場合に各科目ごとに合否を判定し、基準点以上であれば科目合格となります。合格した科目については、申請により以後2年間当該科目が免除されます。したがって、事実上は、一発合格が要求されます。

合格後、登録まで

2年間の実務経験。
(会計に関する事務などに従事した期間が通算して2年以上あることを必要)。
なお、実務経験の期間は、税理士試験合格の前後は問われません。

2年間の実務経験。
(公認会計士または監査法人を補助することや、財務に関する監査、分析等の実務従事を2年以上行うことが必要)。
なお、実務経験の期間は、公認会計士試験合格の前後は問われません。さらに、公認会計士試験合格後には、日本公認会計士協会が実施する実務補習を受講し、一定以上の単位を取得する必要があります。さらにその後、統一考査という試験を受験し、合格する必要があります。


一般的に、税理士試験よりも公認会計士試験の方が難しいと言われています。また、公認会計士試験は、平成18年の試験制度改正により、一部科目合格制度が導入されましたが、免除が2年間しか有効ではなく、その間に合格しなければ、再度受験しなければなりません。そのような試験制度の差もあり、税理士試験は働きながら受験する人が多い反面、公認会計士試験はほとんどの人が無職で受験だけに専念しているという傾向があります。なお、同じ「実務経験」でも、税理士の実務経験となる要件と、公認会計士の実務経験となる要件は、異なりますので、自分の職場が実務要件に該当するのかは、しっかりと確認する必要があります。

recommend

ウェザーニュース
http://weathernews.jp/
Copyright:(c)2008 税理士のお勉強. All rights reserved.