税理士について知りたい事があったら『税理士のお勉強』

税理士のお勉強
税理士は信頼できる身近なパートナー 税理士に関する情報サイト 税理士に関するリンク集
税理士に関する情報サイト税理士って??税理士の業務内容資格の活かし方税理士試験について事務所の選び方税理士講座税理士と公認会計士の違い税理士に関するリンク集 税理士のお勉強
『税理士のお勉強』はリンクフリーです。もし良ろしければたくさん紹介してください!もちろん、リンクの許可等は必要ありません。バナーはご自由にお使い下さい。

税理士資格の活かし方

独立開業

自分の創意工夫が仕事に活かせ、努力の成果がすべて結果として反映されます。「仕事」「やりがい」「収入」、すべて自分自身の努力次第です。これが自分で事務所を持つという自由業の魅力です。様々なクライアントを通じて、様々な仕事をすることにより、一層自己実現の場が拡がるでしょう。また、最近では税務・会計に限らず、MAS(Management Advisory Service)業務という「経営助言サービス」を税理士が担当し、財務や人事などの分野にもコンサルティングを行い、「あまり利益の出ない企業を、大きな利益を生む企業へ」と発展させていく仕事に関わっています。低迷する景気動向や時代背景といった要因から、これからの企業はこのMAS業務を、ますます税理士に求めてくるようになると言われています。

勤務税理士

税理士事務所・会計事務所等に勤務して、コンサルティングや国際財務、資産承継等、クライアントのニーズに応じた様々な仕事を行います。個人の得意分野ごとにチームを作り、仕事に取り組むケースが増えています。さらに税理士法人の場合には支店開設をして全国に展開するなど、組織戦略に発展性があり、今後の仕事に大きな可能性を秘めています。

企業内税理士

銀行・証券会社・保険会社といった金融業界をはじめ、一般企業の財務部門で経理・財務の専門知識を活かすスペシャリストとして活躍できます。社内情報を活用しておくが深い仕事ができるため、経営に関する様々な提案ができるなと、経営に携わる広範囲な仕事が行える魅力もあります。また、会社法により「会計参与」という制度、職務が新たに創設されたことで税理士業務にも新たな局面が生まれます。

関連資格で守備範囲を拡大

税理士の資格を取ったことで、他の資格取得が簡単になるケースが多々あります。例えば行政書士は、試験免除でそのまま登録が可能です。また、近頃注目度の高いファイナンシャルプランナー(AFP)や中小企業診断士の場合は、試験科目が免除されるというメリットもあります。

pickup

Last update:2015/1/15

Copyright:(c)2008 税理士のお勉強. All rights reserved.